大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


OpenFlow Network でのアクティブ計測による品質監視の効率化
著者
  斌遏[柑
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2014 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,データセンタなどで大規模・複雑なOpenFlowネットワークが構築されており,その最適性・可用性の実現には,全内部リンクの通信品質の実時間監視が求められるので,各リンクに試験パケットを流すアクティブ計測が不可欠である.しかし,通常のアクティブ計測は,2台の計測端末間等で試験パケットを送受信し,その区間の品質を監視する方法に基づくため,多数のリンクの品質を監視する必要がある場合は,設置する計測端末の台数,計測に必要な時間,同じリンクを通る(無駄な)試験パケット数が増加し,非効率である. そこで本研究の目的は,OpenFlowネットワークの管理・監視において,全リンク(方向含め)に試験パケットを通過させ各リンクの状態・品質を計測する手法の効率的な実現である.そのために,OpenFlowの統計情報機能を利用し,一台の計測端末から送信する試験パケットの通過・受信数を各スイッチで記録することで,各リンクでのパケットロスを把握する.特に,OpenFlowのマルチキャスト転送などの柔軟な経路制御機能を利用し,スイッチを通過する試験パケット数や計測時間の削減を目指した.適切な計測経路の決定手法やOpenFlowコントローラと計測端末間の制御プロトコルを設計し,机上の計算により,マルチキャストで試験パケットを配信する方式がユニキャストで配信する方法より流れるパケットが削減されることを示す.プロトタイプを実装し小規模なOpenFlowネットワークで実験を行い,様々なリンク上にエミュレータによってパケットロスを発生させた場合,そのパケットロス率を正しく計測できることを確認した.
 
キーワード
  Measurement, of
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.