大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


リンク省電力化のためのTCPセグメント転送移行方式の実現に関する研究
著者
  高見 真
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2014 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,世界的なインターネットの急激な普及により,ネットワーク規模は拡大し続けており,企業,家庭全般にわたりネットワーク機器の設置台数もまた急激に増加している. それに伴い,より高速化されたネットワーク機器の電力消費は無視できるものではなくなってきており,その省電力化は急務である. ネットワーク機器の省電力化手法の一つに,LANスイッチ及びルータのポート転送速度の動的制御が提案されている.この手法をTCPトラヒックに適用した場合,輻輳制御機構により転送性能が劣化する恐れがある.そこで,セグメント転送がされていない時間(アイドル時間)に着目し,その間に転送速度の切り替えを行うが,ハードウェアの制約上,数十[msec]程度を要するため,省電力化のためには転送速度切り替え可能なアイドル時間を増加させる必要がある.そこで,送信ノードが連続セグメントの転送開始を意図的に遅延させることで省電力対象リンクにおけるトラヒックを集約し,アイドル時間を増加させる手法が提案されているが,実装評価は行われていない. 本研究では,送信ノードにおけるTCPセグメント転送移行の実現性と効果について検討するため,テストベッドネットワークとしてダンベル型ネットワークトポロジを構築し,転送移行手法の実装を行った.また,実験により省電力化に必要なアイドル時間と各フローの転送時間を計測し,転送移行手法によるアイドル時間増加の効果を検証した.この結果より,実機環境におけるTCPセグメント転送移行手法の実現可能性を明らかにした.
 
キーワード
  Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.