大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


複数ルータの最短経路木を利用した省電力経路集約方式の実現に関する研究
著者
  柳 大地
 
雑誌名/会議名
  2014 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットの普及拡大に伴うネットワーク構成機器数,および消費電力量の増加に対 処するため,ネットワーク全体の省電力化は急務である.この解決策として,転送トラヒックを特定リンク/ノードに集約し,転送に用いないリンク/ルータを低消費電力状態にすることが有効である.特定リンクの選択手法として,全てのルータが代表ルータ(高次数ルータ)の最短経路木を利用する省電力経路集約方式(XEAR:eXtended EAR) が提案され,シミュレーションによりその有効性が確認されている.しかし,トラヒック変動に伴う代表ルータ数の調整を含めた省電力経路制御方式としての実現可能性の検討が必要である.そこで本研究では,変動トラヒックに対して転送性能を維持した省電力化を可能にする複数ルータの最短経路木を利用した省電力経路制御方式の提案・実装を行い,有効性を検討する.実装実験を通して,まず経路切替に要する時間を明らかにし,削減/復旧を判断する経路切替閾値や判定周期を示すことで,提案手法による転送性能劣化を抑制した省電力経路制御が可能であることを明らかにした.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering, green
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.