大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線バックボーンネットワークのための複数チャネル有効利用手法の検討
著者
  妙中雄三,塚本和也
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 113, no. 443, IA2013-96, pp. 159-164, (2014年2月27-28日,石川県) 2014 年 2 月
 
アブストラクト
  本研究では、無線メッシュネットワーク等で用いられる、無線バックボーンネットワークにおけるネットワーク容量の増量を目指し、チャネル有効利用を実現する手法を提案する。既存の無線メッシュネットワークでは、空きチャネルが多くあった場合でも、ハードウェア(搭載可能なインタフェース数)の制約から利用できるチャネル数に制限が生じる。また、複数のチャネルを同時並行で有効利用ができない。本研究では、無線バックボーンネットワークで利用するチャネル数を限定しない無線バックボーンネットワークアーキテクチャを提案する。またそのアーキテクチャ上で、複数チャネルを同時に有効利用可能とする構造並びに、複数チャネルでの通信制御手法を提案する。
 
キーワード
  of
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.