大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


コグニティブ無線車車間通信における車間減少時のデータチャネル選択手法
著者
  中野栄俊,塚本和也,鶴正人
 
雑誌名/会議名
  火の国情報シンポジウム2014(2014年3月4-5日,大分県) 2014 年 3 月
 
アブストラクト
  路車間・車車間通信の利用増加に伴い,専用に割り当てられた周波数帯域の不足が予想され,時間・空間的に未使用の周波数(チャネル)を探して使用するコグニティブ無線通信の適用が検討されている.本研究では,車間距離が減少していく2 台の車がコグニティブ無線通信でデータ転送する場合のチャネル選択手法を提案する.近づくにつれ,短距離・高データレートのチャネルが新たに利用可能になるが,頻繁なチャネル切り替えは転送性能を劣化させる.提案手法では,後に利用可能になるチャネルも考慮したヒューリスティックな条件を満たすチャネルがある場合だけ切り替える.シミュレーションによりいくつかの手法と比較し提案手法の優位性を示した.
 
キーワード
  Simulation, コグニティブ無線
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.