大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


微細・大量データ収集における中継ノード活用方式に関する研究
著者
  照屋 惇一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年のIT技術の進化とインターネットの普及により, IoT/M2Mといった「モノ同士」の通信を行う機器が増加している. 各々の端末が発するデータは比較的微小であるが, 膨大数の端末から送信されるため,それらのトラヒック量は 膨大なものになると考えられる. そのような端末の移動性や設置の自由度を考えると, 生成データは無線網により収集されることが想定される. 無線LAN等で普及している802.11ではアクセス制御方式としてCSMA/CAを用いているが, 多数のノードが存在した場合,フレーム衝突が頻繁に発生して 通信性能が大幅に劣化する.¥par そこで本研究では,生成されるデータをある特殊なノード(中継ノード)で一旦集約し, アクセスポイント等(AP)へ転送することで通信性能の改善を図ることを目的とする 中継ノード活用方式を提案し,提案手法の有効性を調査した. シミュレーション結果より,中継ノードの位置や配置, および収集時間を適切に設定することで通信性能の改善が可能であることを示した.
 
キーワード
  Wireless, Simulation
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.