大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


マルチパスTCPを利用したEnd-to-End省電力TEの実装に関する研究
著者
  伊東拓海
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,インターネットの普及により,各ネットワーク機器の消費電力が増大し,省電力化 が急務となっている.ネットワーク省電力化手法として,ある送受信間ノードに複数経路が 存在し,最小ホップ経路 (通常経路) の利用率が低い場合,他経路に迂回することで通常経路 を構成するスイッチ/ルータやリンクの省電力化を図る省電力トラヒックエンジニアリング (TE) がある.ホスト間のトランスポートプロトコルである TCP では,経路選択はコネク ション確立時に一意に設定されるため,通信中の利用状況に応じた経路切替は困難である. そこで,複数経路にコネクションを確立し,同時利用するマルチパス TCP(MPTCP) を利 用した省電力 TE が検討され,シミュレーションにより有効性は確認されているが,実装に 向けての問題点の整理と対応が必要である. 本研究では,省電力 TE に求められる機能を MPTCP に実装し,テストベッドネットワー ク上で動作確認および有効性の評価を行う.実験結果より,MPTCP を利用した省電力 TE の実現が可能であることを示した.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.