大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


TCP送信ノードにおける利用率推定と省電力化のための動的セグメント転送移行方式に関する研究
著者
  野田暁彦
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ブロードバンドサービスの発展に伴いインターネットのトラヒック量は飛躍的に増 加しその収容機器も増加しているため,それらの省電力化が急務である.その手法として, LAN スイッチ/ルータのポート転送速度の動的制御が提案されている.しかし,TCP トラ ヒックを対象とした場合,そのフロー制御機構に起因して転送性能が劣化する恐れがある. そのためセグメント転送をしていない時間 (アイドル時間) にポート転送速度切り替えをす る必要がある.これまで効果的なアイドル時間集約のために,連続セグメント転送タイミン グを省電力対象リンクの利用状況に応じて強制的に移行 (遅延) する方式が提案されており, 利用状況の判断に送受信ノード間の RTT(往復遅延時間) を適用することが検討されている. そこで本研究では、まず送信ノードの TCP 情報を元に対象リンクの利用率を推定する方 法を検討し,その傾向を利用し移行判断を行う手法について検討,評価する. シミュレーション結果より,TCP の輻輳回避モードにおいて対象リンク利用率と RTT が 比例することを示し,その傾向を利用して動的転送移行をすることで,既存手法よりも転送 性能の劣化を抑えつつ省電力化を実現できることが明らかになった.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering, Simulation
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.