大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Device-to-Device通信によるエリアスループット向上手法の検討
著者
  山田 晋也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,スマートフォンやタブレットなど無線LAN対応モバイル端末機器の普及が急速に進んおり,公共施設を中心に公衆無線LANサービスエリアが増加するなど,無線LAN環境の稠密化が進んでいる.稠密無線LAN環境では,多数のAPとSTAが存在することが想定されるが,STAの接続や干渉状況によっては,身近にあるAPが最適とは限らない.また,IoT(Internet of Things)の実現に向けて,多数のモノが無線LANに接続されるが,機能的な制約や固定設置等の空間的制約が顕在化されると予想される.これらを踏まえると,WLAN(Wireless LAN)内に電波環境が悪く,低伝送レートで通信するSTAが混在する可能性が高いと言える.この場合,低伝送レートのSTAが,他のSTAの通信に影響を与え,WLAN全体のスループットが低下するPerformance Anomaly問題が深刻化する.そこで本研究では,3GPP(Third Generation Partnership Project)を中心に議論されている端末間で直接通信を行うD2D(Device-to-Device)通信に着目する.STAにAPと同等のルーティング機能を持たせることで無線LAN環境でも,D2D通信を行うことができる.本研究ではシミュレーションにおいて,低伝送レートで通信を行うSTAが混在する無線LAN環境下において,D2D通信を適用しない場合とD2D通信を適用する場合の性能評価をそれぞれ行い,比較を行った.その結果D2D通信を適用することで,前述のPerformance Anomaly問題を改善しつつ,無線LANのエリアスループットを向上すること可能であることがわかり,その有効性を示した.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.