大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


WSDBを用いた適応的センシングによる通信時間向上手法の検討
著者
  武本 優也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ITSの普及に伴い, 車車間通信(VANET: Vehicle Ad-hoc Network)への期待が高まっている. 一方,無線周波数は枯渇しており, VANETの通信容量増加に対応できない. しかし,実際は周波数利用権を有するユーザ(PU: Primary User)が時間的, 空間的に利用していない周波数(WS:White Space)があり, TV周波数帯の場合は特にTVWSと呼ばれる. 周波数利用権を有さないユーザ(SU: Secondary User)がこのTVWSを利用する技術として, Cognitive無線通信技術があり,この技術をVANETに適用(以降,Cogniive VANETと呼ぶ)することで通信容量の増大を目指す. Cognitive VANETにおけるTVWS把握方法として, データベース利用, センシング利用, の2つがある. この2つの方法は相互補完的な特性を持つため, 両手法を連携させた手法として, 既存手法が提案された. しかし,既存手法はセンシング利用が効率的でなく, %効率の悪い センシングによる通信時間の減少, また,VANETの通信容量増加に伴うSUの要求チャネル数の増加に伴い, WSの可能性が高いチャネルをセンシングできなくなる. その結果,十分な数のWSを把握できなくなり, 通信時間が減少してしまうといった問題点がある. そこで,本研究で提案する改善手法として, 状況に応じてセンシング対象チャネルの制限やセンシング回数の削減を行う. また,既存手法の利点を生かしつつ, より効率的なタイミングでセンシングを併用し, 十分な数のWSを把握する. シミュレーション評価により上記の提案手法と既存手法との比較を行い, 提案手法によって約25%通信時間を改善できる事を明らかにした.
 
キーワード
  コグニティブ無線
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.