大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


トラヒック変動を考慮したノード経路木の重畳に基づく省電力経路集約手法に関する研究
著者
  坂本 智弘
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年のインターネット普及・拡大に伴うルータ/スイッチなどの構成機器の消費電力の増加により,ネットワークの観点からも省電力化は急務である.その手法として低利用率のリンク/ルータを経由するフローを迂回して低消費電力状態に(もしくは切断/通電遮断)し,他経路にトラヒックを集約する方式が有効である.特定ルータ群(代表ルータ)の最短経路木を構成するリンクのみでトラヒックを集約・転送するXEAR(eXtended Energy Aware Routing)では,トラヒック量の増加に対して通信性能を維持するために,代表ルータ数を増加して転送経路の冗長化を図るが,その調整粒度が大きく効果的な省電力化が見込めない.そこで本研究ではXEARを基に,トポロジ情報を利用して,各ルータが自律的に接続リンクの切断・復旧を行うことでトラヒック量の微変動に対応する拡張手法を提案する.シミュレーション評価により,拡張手法における復旧リンク選択指標として,両端ノードの次数(接続ノード数)の和を用いた手法が有効であること,また,XEARと比較して,省電力性能の劣化を抑えたトラヒック変動への対応が可能であることを示した.
 
キーワード
  Green IT, green
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.