大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


コグニティブ無線環境における制御チャネル用統合MACプロトコルに関する研究
著者
  鷹取 奨
 
雑誌名/会議名
  修論発表 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,車車間通信による様々なサービスが期待されているが, 通信システムで利用可能な無線周波数帯のほぼ全てに固定サービスが割り当てられているため, 時間的/空間的に利用されていない周波数帯を動的に切り替えて 通信するコグニティブ無線技術が注目されている. そこでは,車両間で構成されるネットワークトポロジや利用周波数帯が頻繁に変化することから,データ通信用チャネルとは別にトポロジ情報交換用と 周波数情報交換用の二つの制御チャネルの利用が想定されている. 一つは広範囲(ゾーン)における車両の位置・移動情報等の共有を目的としたZACC(Zone Aware Control Channel),もう一つは近隣車両間における利用可能な周波数情報等の共有を 目的としたSACC(Swarm Aware Control Channel)と定義されている. したがって,制御情報の交換のために複数の周波数帯を使用することになるが, コグニティブ無線導入時には利用可能な周波数帯は制限されることが予測されるため, 両制御チャネルを1周波数帯で実現することが望ましい. そこで本研究では,両制御チャネルを統合して 1周波数帯で制御チャネルを構成する統合MACプロトコルを提案する. 提案手法として,ZACC情報を送信する期間とSACC情報を送信する期間を交互に時分割し, さらに,ゾーンを分割してその分割単位でZACC期間を時分割利用する方式を提案する. シミュレーションにより,ZACC期間内を時分割利用し,シグナルキャプチャ効果を期待した 各ノードの送信タイミングの分散により,2種類のチャネルを使用する従来手法と 同等の制御情報受信率を達成し,提案手法の有効性を示した.
 
キーワード
  コグニティブ無線
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.