大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


稠密無線LAN環境における隠れ端末問題・晒し端末問題の影響調査
著者
  新谷圭脩
 
雑誌名/会議名
  2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,無線LAN(Local Area Network) 対応のスマートフォンやタブレット端末等が増加していることや,家庭や街中にAP(Access Point) が配置されていることで,無線LANが利用される環境が普及している.このように無線LAN 機能を有しているデバイス(無線LANデバイス) が数多く配置される稠密無線LAN環境が顕在化されると予想される.また,無線LANにおいて干渉無く通信できるチャネル数には限りがあるため,無線LANデバイス数が増加すると,デバイス同士が同一のチャネルを利用せざるを得ない状況になる.無線LANにおいては同一チャネル上におけるアクセス制御方式としてCSMA/CA が用いられている.この場合,以下の2つの問題点により通信品質が劣化する場合がある.1 つ目の問題は,あるSTAがAP へフレームを送信している際に,STAの送信中を検知できない他のSTAがフレームを送信し,送信フレーム同士が衝突してしまい,正常に受信できなくなるという「隠れ端末問題」である.2 つ目の問題は,あるSTAがフレームの送信を試みたが,他のSTAのフレーム送信を検知してしまい,送信機会が失われてしまうという「晒し端末問題」である.今後,顕著になってくる稠密無線LAN 環境において、これらの問題が与える影響に対する調査が行われていないため,本研究では稠密無線LAN環境において隠れ端末問題・晒し端末問題の影響をシミュレーションを通じて調査を行った.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.