大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


OpenFlowベースマルチホップWMNにおける制御トラヒック削減手法の検討
著者
  水山一輝
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,スマートフォン等のモバイル端末の普及に伴い,人々がインターネット上のサービスを利用することが一般的となり,その影響から無線LANへのオフローディングが進んでいる.しかし,無線LANはアクセスポイント(AP)毎のエリアが狭く,設置場所も限られるため,オフローディングの効果は限られる.そこで本研究では,広域な範囲でオフローディングを実現するために,APの設置が比較的容易な無線メッシュネットワーク(WMN)に着目する. WMNでは,一部のAP(IGW)のみがインターネットへ有線接続を持ち,無線マルチホップネットワークによる無線バックボーンネットワーク(WBN)を構成する.既存のWBNでは,1つのチャネルを利用する構成が一般的であり,ネットワーク容量は限られる.WBN上ではマルチホップ転送でチャネルを繰り返し利用するため,規模に応じてネットワーク容量が大幅に低下してしまう.従って,ネットワーク容量の拡張するためには,複数チャネルの同時利用が必須となる. 先行研究では,複数チャネルを並列に利用するWMNにおいてOpenFlowでチャネル利用を制御する手法を提案した.本研究では,先行研究で未検討であった制御トラヒックの削減を検討する.OpenFlowによるチャネル利用制御では制御通信が発生するため,WMNの通信容量を減少させる事が予測できる.そこで本研究では,制御トラヒックの調査を行い,WBN上のデータ通信への影響を考察する.その後,制御トラヒック削減手法の提案を行い,有効性を実証実験によって検証する. 実証実験を通じて,制御トラヒック削減手法により,制御トラヒックの中でも影響の大きいpacket_inを90%以上削減できることを示した.
 
キーワード
  of, mhwn
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.