大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線LANにおける同一ペイロードパケット削減による転送効率化方式
著者
  山口 裕樹,野林 大起,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告, vol. 114, no. 477, NS2014-235, pp. 337-342 2015 年 3 月
 
アブストラクト
  無線通信技術の発達により,無線 LAN インターフェースを搭載した機器が普及し,無線 LAN に接続する機器が急増している. 通常,無線 LAN アクセスポイントに接続している全ユーザは,1 つのチャネル空間を共有しており,使用可能な帯域は限られている. そのため,無線通信資源を効果的に利用することは重要な課題である. 無線 LAN において,動画を閲覧する際などには,データの内容が同一であるにも関わらず異なる端末に個別に送信される場合が存在し,無線資源の利用効率を改善できる可能性がある. そこで本稿では,無線資源の効果的な利用のために無線 LAN 区間をマルチキャストによって転送することで送信パケット数を削減する手法を提案する. また,本手法を実現するためのアクセスポイントと端末間の通信プロトコルを設計し,シミュレーションによってその有効性を評価した.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.