大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ODトラヒック行列推定における最小実効流量予測の分析と改良
著者
  若松 祐輝
 
雑誌名/会議名
  2015 年 3 月
 
アブストラクト
  ネットワークの運用管理において,ネットワーク間交流量のような通過ノードの順序で識別 されるマクロなネットワークフロー(以下フロー)の流量統計,すなわち,Origin-Destinationトラヒック行列(ODTM)の把握が重要である.しかし,通過パケットの始点・終点IP アドレスの直接計測からのODTM 把握は高コストであるので,ルータの各インターフェースを通過する複数フロー流量の和(集約フロー流量) の計測から各フローの統計量を推定するODTM 推定手法が研究されている.流量平均の推定には,最小実効流量の決定や異なる分割数や部分トポロジでの推定の重ね合わせにおいて二次計画法が利用されるが,特に最小実効流量は最終的な推定誤差に大きな影響を及ぼす.そこで本研究では最小実効流量予測の分析を行い,また改良手法を提案した.具体的には,先行研究ではフローの最小実効流量を,集約フロー流量の最小実効流量を用いて決定したが,本研究では集約フロー流量の最小実効流量の代わりに,その集約フロー流量の最小実効流量からフローの標準偏差の推定値を減じたパラメタを用いる.しかしパラメタが0 未満になると,フローの最小実効流量が正しく予測できないため,パラメタは0 未満にならないように条件を設けて決定する.得られた パラメタとフローの最小実効流量の予測値との差が小さくなるように二次計画法を利用し てフローの最小実効流量を予測し,推定結果を相対誤差を基に評価した.学内ネットワーク での実測データに基づくシミュレーション結果から,既存手法では相対誤差の平均0.223〜 0.362 に対し,提案手法では0.210〜0.330 と誤差の低減が示され,提案手法の有効性が確認 された.
 
キーワード
  Measurement, tomography
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.