大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力経路制御のためのトポロジ情報に基づく集約リンク選択方式に関する研究
著者
  星島 健汰
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年のインターネットの普及に伴う消費電力の増加により,ネットワーク全体を考慮した 省電力化が急務である.そこで,低利用率のリンク/ルータを経由するトラヒックを迂回し て他経路に集約し,それらを低消費電力化する省電力経路集約が有効と考えられる.その手 法として代表ルータ(ER:Exporter Router) の最短経路木構成リンクにトラヒックを集約す るXEAR(eXtended Energy Aware Routing) が提案されているが,トラヒックの変動に対 して省電力性能を過剰に劣化させる. そこで,本研究ではXEAR をベースとし,トポロジ情報に基づく指標により各ルータが 自律的に削減/転送リンクを復旧/削除することで,省電力性能を維持しつつ,転送性能の劣 化を軽減する手法を提案し,その有効性を調査する.シミュレーション結果より,削減リン クの両端ノードの次数をもとにリンクを選択し復元することでトラヒック変動による省電力 性能の過剰な劣化を防ぐことが可能であることを示した.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering, Large-scale and Complex Networks
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.