大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


OpenFlowネットワークでの全区間パケットロス率計測の効率化
著者
  月岡 祐太
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,データセンタなどで大規模なOpenFlow ネットワークが構築されている.その品質 の維持や可用性の実現には,全区間リンクの通信品質の実時間監視が求められるので,各リ ンクに試験パケットを流す能動的な計測が不可欠である.そこで本研究は,通信品質におけ るパケットロス率に着目し,OpenFlow ネットワークでの全区間リンクに試験パケットを通 過させ各リンクのパケットロス率を計測する効率的手法の実現を目的とする. 従来手法では,試験パケットを送信する際に,ダイクストラ法を適用した最短経路木およ びプリム法を適用した最小全域木を作成し,その木に沿ってパケットを転送していた.しか し計測対象のネットワーク上に葉ノードが存在する場合,葉ノードから親ノードに向かうリ ンクを計測するためには,葉ノードを根として作成した経路木で試験パケットを送信する必 要がある.提案手法では,最短経路木に折り返しの経路を追加することで,葉ノードを根と した計測回数を削減し,計測時間の短縮を目指した. ノード数4 の小規模なOpenFlow ネットワークの4 通りのトポロジに対し実際の計測を 行ったところ,提案手法は従来手法と比較して,どのトポロジにおいても計測時間が約3 分 の2 以下となった.同様に小規模なOpenFlow ネットワークでトポロジを構成し,リンク上 に人工的にパケットロスを発生させた場合,ロスを発生させている中継端末でモニタリング したロスパケット数と計測で得られたロスパケット数が一致し,計測が正確であることが確 かめられた.
 
キーワード
  Measurement, of
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.