大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


稠密無線LAN環境におけるエリアスループット向上を実現するAP選択手法
著者
  上之原 宏幸
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2015 年 2 月
 
アブストラクト
  無線LAN は,設置コストの低さや利便性の高さから広く普及し,オフィス等だけでなく,公衆無線LAN サービスなど様々な場所で数多く設置されている.故に近年,膨大な数の無線LAN アクセスポイント(AP)や接続端末(STA)が密集して配置される稠密無線LAN 環境が出現している.稠密無線LAN 環境においてはその膨大なデバイス数や設置場所の多様性から,チャネル共有による送信待機や,隠れ端末問題によるフレーム衝突がもたらす通信への影響が深刻なものとなる.また稠密環境において,STA はその通信範囲内で多数の接続候補となるAP を発見可能である.一般に,STAの接続先AP はその信号強度のみで決定されるが,この方式は稠密環境が与える性能劣化を考慮しないため,接続STA に最適なスループットを提供できない. そこで本研究では,上記の影響によるスループット劣化を予測した上で,適切な接続先AP を決定する手法を考案する.提案手法は,AP から定期的に送信されるビーコンフレームに含まれるビーコン間隔とタイムスタンプをもとに,STA がビーコンフレームのスケジュール時間と実送信時間の差をAP の負荷として取得し,また,ビーコン間隔に到着しなかったビーコンフレームからそのロス率を算出する.このAP の負荷とビーコンフレームのロス率を用いて,STA がAP に接続した場合に得られる予測スループットを計算し,STA は予測スループットが最大となるAP に接続する.シミュレーション評価により,提案手法によってSTA がデータスループットの高いAP に接続可能であることを確認し,稠密無線LAN 環境においてSTA のデータスループットを改善することで,無線LAN エリア全体のスループット向上に貢献することを示す.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.