大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


アドレス・プリフィクスの動的割り当て機構の提案と実装
著者
  河部 展,門林 雄基,山口 英,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  情報処理学会 技術研究報告,マルチメディア通信と分散処理 87-29. 1998 年 2 月
 
アブストラクト
   最近のインターネットの急激な成長によって引き起こされた経路情報の巨大化は、インターネットの拡張性を制約する深刻な問題となっている。IPアドレスの再割り当て、すなわちリナンバリングの適切な実行によって、経路情報の集約度の向上が可能であることは認識されている。しかしながら、低コストでリナンバリングを行える環境が設備されておらず、積極的には進められていない。本研究では、経路情報の効率的な集約を目的とする、IPアドレスの動的な割り当て環境を提案し、基盤となる割り当て機構を実装した。この環境下では従来半恒常的に割り当てがなされているIPアドレスを、流動的に割り当てを行うものととらえなおし、経路情報の集約状況の変化に応じて、ネットワークのリナンバリングを継続的に実行する。
 
キーワード
  , QoS routing, , , , , , , , ,
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.