大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ROD-SAN における送信チャネル切替によるマルチホップ転送性能の改善
著者
  古里 亘,日高 健夫,野林 大起,福田 豊,塚本 和也,池永 全志,阿部 憲一
 
雑誌名/会議名
  2015年電子情報通信学会 総合大会,B-6-31, (草津) (2015年3月) 2015 年 3 月
 
アブストラクト
  無線センサアクチュエータネットワーク( Wireless Sensor Actuator Network, WSAN ) の省電力化および応答性能向上を目指し,我々の研究グループでは, Radio-On-Demand Sensor and Actuator Networks (ROD-SAN)を提案している. ROD-SANにおけるデータ通信時のフレーム衝突を回避し, 通信性能を向上させるためには,利用可能な複数の無線通信チャネルから, 適切な空きチャネルを選択して使用することが効果的であると考えられる. そこで,本稿では,ROD-SANにおける送信チャネル切替手法について検討し, マルチホップ通信時の転送性能の評価を行った結果を報告する.
 
キーワード
  Wireless, Sensor Networks, Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.