大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


自律系における経路情報の監視方法の提案
著者
  森島 直人,小林 和真,山口 英,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  情報処理学会 技術研究報告,マルチメディア通信と分散処理 85-28. 1997 年 11 月
 
アブストラクト
  急激なインターネットの拡大にともない、経路の管理にかかる負荷が問題となっている。ネットワークの巨大化および構成の複雑化により制御しなければならない経路が増加したため、問題が発生してもその原因となる箇所の特定が困難になってきたからである。そこで本研究ではOSPF(Open Shortest Path First)において交換される経路情報を監視することにより、自律系における経路の異常およびその原因となる情報の発生源を推測し、経路管理にかかる負荷を軽減することを目的としている。  本稿では自律系における経路を監視する手法を提案する。さらにその手法に基づいたシステムを実装して実際のインターネットで運用することにより、提案した手法の有効性について評価を行なった。
 
キーワード
  , QoS routing, , , , , , , , ,
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.