大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


極小パケット集約機能のための動的な集約待機時間調整手法
著者
  弥永 浩輝,野林 大起,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 技術研究報告,NS 研究会 2016 年 3 月
 
アブストラクト
  スマートフォンや携帯型端末の普及に加えて,センサ等の様々な機器が通信機能を搭載し,あらゆる「モノ」がインターネットに接続されるInternet of Things(IoT) 技術が盛んに研究されている.そのため,多様で膨大な数のデバイスがインターネットに接続されることにより,それらから生成される極めて小さいサイズのデータがネットワーク内に流入することが想定される.これに対し,現在のインターネットの中核を構成するコアルータで,パケット処理能力を超えた膨大な数の極小データの増加により通信性能が低下する可能性がある.そのため,ネットワークへの出入口であるエッジルータにおいて複数のパケットを集約し,ネットワークへの流入パケットレートを削減する手法が考えられている.この方式では,エッジルータにおけるパケット集約のために集約待機時間を必要とするが,同時にアプリケーションが要求する通信品質を満足させる必要がある.しかし,ネットワーク内部の状態は常に変動しているため,パケット集約のための集約待機時間を適切に設定しなければ要求品質を満たすことはできない.そこで,本研究では,ネットワーク内部の状態をフィードバック情報として用いた動的な集約待機時間調整手法を提案し,アプリケーションの要求に応じたパケット集約を実現する.また,その有効性をシミュレーションにより評価する.
 
キーワード
  bigdata, mtom
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.