大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線LANにおける端末密集環境を考慮したCW調整方式の提案〜既存端末との混在環境における性能改善手法〜
著者
  伊藤僚平,野林大起,池永全志
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 NS研究会 (2016年3月,宮崎) 2016 年 3 月
 
アブストラクト
  携帯型情報端末の急速な普及により,端末密集環境における無線LAN 利用時のスループット低下が問題となっている.この原因として,1 台のAccess Point (AP) に接続している端末台数に対してCarrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance (CSMA/CA) で使用されるContention Window (CW) の初期値(CWmin) が小さいため,フレーム衝突の頻発による無線チャネルの実効帯域が低下することなどが挙げられる.この問題に対応するために我々は,無線チャネルの利用率,AP へフレームを送信する端末台数を基に無線LAN 配下の全ての端末の CWmin の値を変更するCW 初期値調整方式を提案し,端末密集環境でのスループットの改善を実現した.しかし,本手法を実空間で動作させた場合,従来の CSMA/CA を採用する標準端末と混在した環境となることが想定される.本研究では,混在環境における各方式のスループット特性の調査を行い,CW 初期値調整方式の端末と標準端末間におけるスループットの公平性を改善する手法を提案し,その有効性をシミュレーションにより評価する.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.