大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Multi-interface D2D Relaying によるWLANスループット向上手法の検討
著者
  山田晋也,塚本和也
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会(宮崎県,シーガイア)2016年3月2日〜3日 2016 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,公共施設での無線LAN 設置の一般化や,無線LANインターフェースが移動端末に標準的に搭載された結果,無線LAN 環境の稠密化が進んでいる.無線LANではアクセスポイント(AP)とユーザ端末(STA)の電波状況に応じて最適な伝送レートが選択される.一方で,無線LAN のアクセス方式であるCarrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance(CSMA/CA) では,各STA に平等に通信機会が与えられる.そのため,低伝送レートで通信を行うSTA が存在するWireless LAN(WLAN) 環境では,全体のスループット性能が大きく低下するPerformance Anomaly問題が発生する.特に稠密無線LAN 環境では異なる伝送レートで通信するSTA が多数混在することが想定されるため,この問題が深刻化すると考えられる.そこで本研究では,この問題を改善するために,APと低伝送レートで通信を行うSTA の間に位置する,複数のWLAN インターフェースを持つSTA がデータ中継を行うDevice-to-Device Relaying を提案する.シミュレーションを用いた基礎調査を行い,提案手法によりWLAN スループットを向上できることを示した.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.