大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Radio on Demand Networks 技術による無線アクセスネットワークの省電力化
著者
  池永 全志,四方 博之,長谷川 晃朗,阿部 憲一,野林 大起,伊藤 哲也
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会論文誌B Vol.J99-B, No.4, pp.261-274, 2016年4月 2016 年 4 月
 
アブストラクト
  無線通信機器に置ける電力消費量を削減し、ネットワークの省電力化を実現するため、我々は、無線通信が必要とされる時間、場所及び通信用途に応じて、オンデマンドに無線アクセスを提供する Radio On Demand Networks (ROD) の研究開発に取り組んでいる。ROD における無線アクセス機器は、通信を行わない時にはスリープ状態へ自動的に遷移し、超低消費電力な Wake-up 受信機で他の危機からの通信要求 (Wake-up 信号) を待ち受ける。通信要求が発生した機器は、データ送信に先立って Wake-up 信号を送信し、宛先となる機器の Wake-up 受信機がそれを検知、機器を通信可能な稼働状態へ遷移させデータを受信する。本稿では、この ROD 技術を無線 LAN に適用することによって実現した、オンデマンド型無線 LAN アクセスポイントの開発成果及び、オンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワーク (ROD-SAN) の開発と実証評価の結果について報告し、ROD 技術の実用性と有効性を示す。
 
キーワード
  Wireless, Sensor Networks, Green IT
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.