大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


複数経路マルチキャスト転送における始点ネットワーク符号化の有効性
著者
  小川 恭平
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2016 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,クラウド化や仮想化技術の普及により,データセンタ間のトラヒック量増加が問題 となっている. 先行研究では分散キャッシュや分散バックアップ等のための一対多ファイル転送において, 複数経路マルチキャスト・ファイル転送手法が提案された.これは複数経路により同時利用 可能なネットワーク帯域を増やし,マルチキャストにより同一パケットの無駄な重複転送を 防ぐことでファイル配布完了時間の短縮を実現した.しかし,トポロジや帯域に応じて,複 数受信者への転送経路の決定,および各経路に対するブロック分配の決定を適切に行う必要 がある . そして,ブロック分配において改良を行うことで転送性能の向上を行い,またブロッ ク分配を効果的に探索するスケジュール探索手法が提案され,大規模トポロジにも対応でき ることを示した . しかし,探索回数が少ない場合,従来手法では探索されたスケジュールか ら得られるファイル転送の性能が不十分な場合があり,性能のばらつきがみられるという課 題もあった . 本研究では,始点での符号化を用いた複数経路マルチキャストを用いる . ここで は,大規模トポロジにおいて先行研究であるスケジュール探索を用いて,従来手法と提案手 法との比較を行った . 符号化したブロックを分配することでこれまで以上に効率のよいファ イル転送を実現し,より安定的に良い転送性能を得ることが出来ることを確認できた .
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.