大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


マルチパスTCPを利用したEnd-to-End空間的省電力TE
著者
  荒木 雅斗
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 情報システム専攻 修士論文 2016 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,インターネットは飛躍的な発展を遂げ,ネットワークにおける省電力化が急務となっている.ある送受信ノード間に複数経路が存在し,最小ホップ数経路(通常経路)の利用率が低い場合,他経路に迂回することで通常経路の省電力化を図る省電力トラヒックエンジニアリング(Traffic Engineering:TE)がある.しかし,TCPによる通信を想定した場合,コネクション確立時に通常経路が選択され,各経路の利用状況変動への対応が困難となり,省電力化が達成できない. 複数経路で事前にコネクションを確立し,全コネクションを並行利用して転送性能の向上を図るMultiPath TCP(MPTCP)があるが,本研究では,複数コネクションの利用が可能であることを利用し,MPTCPによる対象経路の省電力化と転送性能の劣化抑制を目的としたEnd-to-Endの空間的省電力TEの実現方法について検討し,シミュレーションにより有効性の検証を行う.その結果,MPTCPの機能を変更/拡張し,セグメント群転送時に各経路の利用状況に応じて経路を切り替えることにより実現可能であることを示した.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering, Transport protocol
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.