大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


劣悪な無線環境における能動型AP位置制御に関する研究
著者
  菅沼 昂平
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2016 年 3 月
 
アブストラクト
  近年のIT技術の進化とインターネットの普及によりIoT/M2Mといったモノ同士の通信を行う機器が増加している.データ通信を行う端末の移動性や端末の設置の自由度により無線網による収容が考えられる.しかし,農林環境において各種センサーノードからの情報収集を想定すると,樹木などの障害物が多数存在して通信を阻害する恐れがあり,劣悪な無線環境におけるデータ収集の方法の検討が必要である.一方式として無線AP などのデータ収集端末を増やして障害物を避けるネットワークを構築することが考えられるが増設によるコスト増加や電波干渉の発生という問題が生じる. そこで,本研究では劣悪な環境において効率的な無線通信を提供するために能動型の受信端末,能動型AP を想定し,シミュレーションによりAP の設置位置や移動速度,移動距離などAPの挙動を適切に設定することで通信性能の改善が可能であることを示した.
 
キーワード
  Wireless, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.