大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


リンク帯域を考慮したルータ経路木の重畳に基づく省電力経路集約方式におけるコスト設定指針
著者
  東島 誠
 
雑誌名/会議名
  2016 年 3 月
 
アブストラクト
  インターネットの普及拡大に伴う消費電力の増加により,ネットワーク全体を考慮した省電力化の重要性が高まっている. そこで,低利用率リンクを経由するトラヒックを迂回して他経路に集約し,未使用リンクを低消費電力化する省電力経路集約手法が有効となる. 省電力経路集約手法として,EAR(Energy Aware Routing)を改良したXEAR(eXtended EAR)が提案されており,代表ルータ(ER:Exporter Router)の最短経路木を利用して各ルータの転送経路を決定し,それに属さないリンクを未使用リンクとして省電力化を図る. これまで,リンク帯域/コストが均一なネットワークにおける有効性は示されているが,本研究では,リンク帯域の不均一性を考慮した場合のXEARにおけるリンクコスト決定方針を検討し,トポロジ環境に応じて転送性能の劣化を抑制した省電力化が可能となるようなコスト設定指針を明らかにした.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.