大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ATMを用いたサービス統合網に関する研究
著者
  藤本 慎
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 1998 年 2 月
 
アブストラクト
  近年, ユーザは通信網に対して高速化, さらにマルチメディア通信の実現を要 求している. この様な要求を効率よく, しかも単一のネットワークで実現しよ うという技術が広帯域ISDN(Broadband Aspects of Integrated Service Digital Network,B-ISDN)である. そしてB-ISDNにおけるトラヒックの転送技 術として非同期転送モード(Asynchronous Transfer Mode, ATM)が提案されてい る. このATM網において遅延要求の厳しい音声転送と従来のファイル転送等も行う 場合, 前者を性能保証(Quality of Service Guaranteed)型, 後者を最善 (Best Effort)型トラヒックとして前者を優先処理する必要がある. その為にはトラヒックの挙動を監視したり制限するPolicingやShaping, トラ ヒックがサービスされる順番を決める待ち行列規律, 新たなコネクション要求 を満たす事が出来るか判断するsetup mechanism等の要素が必要となる. 本研究では待ち行列規律に着目し, 音声トラヒックと従来のコンピュータネッ トワークにおいて最善型として扱われているTCPトラヒックが, ある一つのノー ドに多重化されるというモデルを考える. これに優先処理を行うpriority schedulingと行わないFIFO(First In First Out)を適用して遅延特性の改善度, 劣化度について調査する. また性能が劣化するデータトラヒックの度合を小さ くする方式として選択セル廃棄方式を適用しその抑制度合について言及する.
 
キーワード
  ATM
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.