大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


D2D通信における隠れ・晒し端末問題を考慮した中継端末の決定手法の提案
著者
  後藤 隆文
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2016 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,スマートフォンやタブレットなどの無線 LANに対応したモバイル端末機器(STA)の急速な普及に加え,公衆無線LAN アクセスポイント(AP) の設置が進んでいるなど,無線 LAN 環境の稠密化が深刻化している. 無線LANで用いるチャネル数には限界があり,稠密化の進行に伴い複数の端末が同一のチャネルを共有する.このような環境では,隠れ端末問題に起因するフレームの衝突や,晒し端末問題に起因する過剰なフレーム送信機会の減少が発生するため無線LAN環境のスループット低下が顕著となる. また,1台のAP配下に伝送レートの異なる複数のSTAが配置される環境では低レートの通信が高レートの通信に影響を与えるPerformance Anomaly問題が懸念されるため,先行研究ではAPとSTAの間に中継端末を配置し,D2D(Device to Device)中継を行うことで,AP-中継端末,中継端末-STAが高レートで通信できるため,スループットを向上できることが示されている. 本研究では中継端末の配置によって発生する隠れ・晒し端末問題に着目し,この影響を軽減させるための中継端末の選択方法,およびDSC(Dynamic Sensitivity Control)の有用性について調査を行い,その有効性を示した.
 
キーワード
  Wireless, Simulation
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.