大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


IEEE802.11acにおけるダイナミックチャネルボンディングの待ち行列理論による性能評価
著者
  佐藤 憲治
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2016 年 3 月
 
アブストラクト
  IEEE802.11ac(以下,11ac)では,連続した複数のチャネルを利用し,伝送レートの向上を図るチャネルボンディングが採用されている.しかし,無線LAN 機器数の増加により,ボンディング時に,利用するチャネルが他の機器と重なる可能性が高まる.このようなチャネルの干渉を回避するため,11ac にはボンディングチャネル数を動的に変更するダイナミックチャネルボンディングが考案されているが、その性能はこれまでに詳細に調査されていない. そこで本研究では,今後頻発する他の無線機器との干渉状況の変化が,ダイナミックチャネルボンディング時の通信性能に与える影響を評価することを目的とする.
 
キーワード
  Wireless, wlink
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.