大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ボンディング幅が異なる通信が混在する環境における 802.11ac の性能調査
著者
  野林 大起,福田 豊,塚本 和也,藤井 一樹,田村 瞳,池永 全志
 
雑誌名/会議名
  電子情報通信学会 2016年 ソサイエティ大会,B-16-10, 2016年9月 2016 年 9 月
 
アブストラクト
  IEEE 802.11ac (以降,11ac とする) はチャネルボンディングにより複数のチャネルを束ねることで高速伝送を実現するが,同一空間上で異なるボンディング幅の通信が混在する環境では,それらが互いに競合することで通信性能が低下する.本稿では,ボンディング幅が80 MHz の11ac に対して,20 MHz の11ac 通信が通信性能に与える影響を調査した.
 
キーワード
  Wireless
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.