大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ネットワーク省電力化のための時間的/空間的TEに関する研究
著者
  山田 智奨
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文 2017 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットの普及・拡大に伴うネットワーク機器の消費電力増加により,ネットワーク省電力化のためのトラヒックエンジニアリング(Traffic Engineering:TE)の検討が必要である.ある送受信ノード間の通信機器において一時的にトラヒックを待機し,低消費電力状態,もしくは稼働停止することで省電力化する時間的省電力TE,複数の通信経路が存在する場合,利用状況に応じて特定経路に集約し,他経路における機器を省電力化する空間的省電力TEがあり,両者の併用で転送性能を考慮した効率的な省電力化が期待できる. そこで本研究は,省電力対象経路と集約経路を想定した二経路モデルにおいて,時間的/空間的省電力TEの実現のため,まず省電力性能を重視する場合の集約経路への迂回の影響を調査し,次に転送性能を考慮した待機時間の影響を評価することで,待機時間/迂回の適切な閾値設定により,転送性能を考慮した時間的/空間的省電力TEによる省電力化の有効性を示した.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering, green
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.