大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力MPTCPにおける複数コネクション確立手法に関する研究
著者
  品川 順哉
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2017 年 2 月
 
アブストラクト
  インターネットの普及によりネットワーク機器による消費電力が増加しており,それらの省電力化が急務となっている.ある送受信ノード間に複数経路が存在するとき,低利用経路のトラヒックを他経路に迂回させることで未使用経路中のリンク / ルーターの省電力化を図る空間的省電力トラヒックエンジニアリング (Traffic Engineering:TE) がある.空間的省電力 TE の実現には,各経路の利用状況に応じて切り替える必要があるため,任意の送受信ノード間に複数コネクション確立可能なマルチパス TCP(MPTCP) の利用が検討されている.しかし,MPTCP ではそれらの経路を利用者が事前に設定する必要がある. 本研究では,ネットワーク層のルーティングアルゴリズムである OSPF(Open Shortest Path First) のオプションである ECMP(Equal Cost Multi Path) と協調した MPTCP における複数経路の自動コネクション確立手法を提案する.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.