大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


無線網を用いた微細・大量データ収集における重複集約/中継方式に関する研究
著者
  照屋 惇一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文 2017 年 2 月
 
アブストラクト
  近年のM2M(Machine-to-Machine)技術の急速な発展に伴い, インターネットに接続するセンサ等のデバイスが増加している. それらの移動性や設置の自由度を考慮すると, 無線環境において膨大量の微小サイズデータの効果的収容方法が必要である. 無線LANのデータリンクプロトコルであるCSMA/CA技術に基づく データ収容ノードを仮定した場合,膨大数のデータ生成ノードから 直接収容することは困難である. これまで生成ノードの一部が周囲の生成ノードからのデータを集約して, 収容ノードに中継する間接手法を提案し,その効果を示した. しかし,宛先集約/中継ノードが同一である複数生成ノード間の 衝突の影響によりデータ収容率の改善に限界が生じる. そこで本研究では,1生成ノードのデータを 複数のノードにおいて集約/中継する手法を提案し, 適切な中継ノード数や中継ノードにおける 送信待機時間について調査した. その結果,膨大数のノードが存在する時の フレーム収容効率を改善した.
 
キーワード
  Multicast, Simulation, wlink, その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.