大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力経路集約における転送性能を考慮した利用リンク決定アルゴリズムに関する研究
著者
  頼近惇志
 
雑誌名/会議名
  2017 年 3 月
 
アブストラクト
  近年,インターネット普及・拡大に伴う消費電力の増加により,ネットワーク全体の省電力化の重 要性が高まっている.その手法として低利用率のリンク / ルータを経由するフローを他経路に集約して低消費電力状態に ( もしくは切断 / 通電遮断 ) する方式が有効である.これまで高次数の特定ノード群を起点とする最短経路木構成リンクのみでトラヒックを集約・転送するEAR(eXtended Energy Aware Routing) による省電力性能が評価されている.しかし,転送性能を考慮する場合,起点ノー ドの選択手法および経路木作成手法の妥当性は不明である.さらに,転送トラヒック増加時の転送性能劣化抑制のための追加リンク選択手法を検討する必要がある.そこで本研究では,省電力経路集約問題についてグラフ理論に基づき定式化し,最短経路木作成における最適な起点ノードの選択手法および,経路木作成手法,トラヒック増加時の転送性能劣化抑制のための最短経路木に対する効果的な追加リンク選択手法を提案する.シミュレーションにより,最適な最短経路木を構成する起点ノードの選択指標を明らかにし,転送状況を改善する最短経路木作成方法を示した.さらに,追加リンクの選択指標の影響を明らかにした.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.