大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


ODトラヒック行列における時間相関を利用したフロー流量の推定(in Japanese)
著者
  岡本 竜輝
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2017 年 3 月
 
アブストラクト
  ネットワークを運用管理していくには,ネットワーク間を流れるフローの挙動を常時把握する必要がある.しかし,ネットワーク上を通過するパケットの送信元・宛先IPアドレスを直接計測する推定方法では,高コストであるため,ルータの各インターフェースを通過する計測可能な複数フロー流量の和(集約フロー流量)から,各フローの統計量を推定するODトラヒック行列推定手法が研究されている.本報告では,フロー流量の時間変化が通常は緩やかであることに着目し,隣接時間区間でのフロー流量の差が小さくなるような流量推定を行い,また,手法を改良した.具体的には,先行研究で用いていたネットワークトモグラフィ手法を用いず,大区間を複数の時間区分に分割し,隣接小区間で二乗誤差最小化に基づいて各小区間での流量平均を推定し,それからさらに大区間の流量平均を求めた.各手法の評価には,相対誤差を用いて評価した.しかし,時間相関のみを利用した推定では誤差が大きく有効ではないことがわかったため,ある時刻sの各フローの流量が分かる場合の条件を加えた推定も行った.各手法の評価には,相対誤差を用いて評価した.学内ネットワークでの実測データに基づくシミュレーション結果から,時間相関のみの推定では,誤差の平均が0.45程度であるのに対し,時刻sのフロー流量が分かる推定では,誤差の平均が0.14程度となり,誤差を低減することが出来た.
 
キーワード
  Measurement, nm
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.