大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


省電力経路集約における最短経路木構成方式に関する研究
著者
  山田 真之
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2017 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ネットワークの大規模化に伴い,ネットワーク機器の消費電力の増大が懸念されて おり,ネットワーク全体の省電力化が重要である.その一手法として,低リンク利用率のリ ンクを経由するトラヒックを迂回させて他経路に集約し,未使用リンク / ルータを低消費電 力化する省電力経路集約がある.その集約リンクとしては,省電力性能を最大にし,かつ全 ノード間の接続性を保証する最短経路木の利用が有効であるが,その構成手法が転送性能に 影響すると考えられる. そこで本研究では,省電力経路集約時のリンク削減に伴う転送性能の劣化を抑制する最短 経路木作成アルゴリズムを提案する.シミュレーションにより, SPT の構成手順が転送性 能に与える影響を明らかにし,転送性能を改善する最短経路木作成アルゴリズムを示した.
 
キーワード
  Green IT, Traffic Engineering
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.