大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


スナップショットシステムの提案と試作 WWW情報空間への時間軸の導入
著者
  菅山 亨,知念 賢一,山口 英,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  情報処理学会技術研究報告,マルチメディア通信と分散処理 85-36. 1997 年 10 月
 
アブストラクト
  Internetを代表するサービスであるWWW(World Wide Web)は情報提供者が増加したことより新しい情報基盤となりつつある。WWWを用いた情報提供では、一般にその利用者が知らないうちに内容の更新や削除が行なわれる。そのため利用者が過去に参照した情報を再び必要としても、もはやその情報にはアクセスできないことがしばしば起こっている。本研究では、WWWで提供される情報を時系列にしたがって蓄積し、蓄積された情報から利用者が必要とした任意のページ(スナップショットと呼ぶ)を取り出すことができるような機構を提供することを目的とする。  本稿ではまずスナップショットの概念を定義する。つぎに過去の情報を取り出すためのスナップショットシステムを提案する。さらに提案に基づきシステムの設計及び試作を行ない、試用を通じて有効性について考察を行う。
 
キーワード
  , , , , , , , , , , その他
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.