大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


OpenFlowでの全リンクパケットロス率監視のための追加計測の効率化
著者
  月岡祐太
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学大学院 情報工学府 先端情報工学専攻 修士論文 2017 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,ネットワーク利用の高度化に伴い,OpenFlowに代表されるSDN技術を導入する事例が増加しており, OpenFlowネットワークにおける実時間の性能計測・状態監視技術が研究されている. 先行研究では,OpenFlowネットワーク上で全リンクのパケットロス率を監視する方法を提案した. しかし計測において,パケットロスが発生するリンクを通過した計測パケットは個数が減り, その経路上の先にあるリンクは計測パケット数が不足する問題がある. 不十分な計測パケット数での計測結果は信頼できないため,追加の計測を行う必要がある. そこで本研究はこの追加計測に着目し,不要な計測パケットが通過するリンクの数が少なく済む 計測経路決定手法の効率化を目的とする. 追加計測において,再度全リンク計測と同じ経路で計測を行うと十分なパケット数で計測 し終えた他のリンクに余分なトラヒックが生じることになるため, 不要な計測パケットが通過するリンクの数が少なく済む計測経路を決定する2種類の手法AとBを提案した. ノード数が40を超えるトポロジを3種類用いて,リンク上にパケットロスを複数箇所で発生させた場合の 追加計測のシミュレーションを両手法で行い,全リンクを計測した場合の計測リンク数と比較してどの程度 計測リンク数を削減できたか(計測リンク削減率)を確かめた.両手法の計測リンク削減率のシミュレーション 結果の平均値を比較すると,その差は小さかったが,リンク削減率が9割以上になる割合に関しては 手法Bが3種のトポロジ全ての場合で手法Aよりも大きく,計測リンク削減の点で手法Bが優位であることを 確認できた.
 
キーワード
  Multicast, nm, of
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.