大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Multi-radio SD-WMNの通信品質向上のためのフロー制御手法のパラメータ設定指針の検討
著者
  江藤祐慈
 
雑誌名/会議名
  2017 年 3 月
 
アブストラクト
  近年のモバイル機器の爆発的な普及により,データ通信量の急激な増加が発生している. それによる携帯電話網の圧迫を回避するため,無線 LAN へのオフローディングが必要とされている. そこで我々は,無線LANアクセスポイント(AP)設置が容易な無線メッシュネットワーク (WMN)に着目し,広域な範囲での無線LANオフローディングの実現を目指す. WMN では,一部のAP(IGW) のみがインターネットへ有線接続を持ち,その他のAPの無線通信による無線バックボーンネットワーク(WBN) を構成する. 既存のWBN では,同時に1 つのチャネルのみを利用する構成が一般的であり,ネットワーク容量は限られる. WMN のネットワーク容量を増やすための方法として,複数の無線チャネルを並列利用する方法がある. 先行研究では,Software Defined WMN(Multi-radio SD-WMN) において, OpenFlow を利用して全無線チャネルを最大限利用するフロー制御手法が提案されている. そのフロー制御は,二つのパラメータの変化に影響されるが, 様々なフローパターンやネットワーク環境に対して,パラメータの変化による性能特性評価が未検討であった. より安定した制御を実現するためには,フローパターンやネットワーク環境に応じて,パラメータを適切に設定する必要がある. そこで本研究では,複数のフローパターンに対して,フロー制御手法のパラメータを変化させた時の通信性能への影響を調査し, フローパターンに応じた適切なパラメータの設定指針を検討した.
 
キーワード
  Measurement, Wireless, nm, of, mhwn, bgt, wlink, netcon
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.