大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Multi-radio SD-WMN広域展開のための電波到達範囲を考慮した フロー制御手法
著者
  高橋 翔
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科 卒業論文 2017 年 2 月
 
アブストラクト
  近年のモバイルトラヒックの急増により,無線 LAN へのオフローディングが必要とされている. そこで,我々は広範囲でのデータ転送が可能な無線 LAN によるメッシュネットワーク (WMN) に 着目し,オフローディング効果を高めることを目指す.先行研究では,WMN に Software Defined Network(SDN),特に OpenFlow 技術を導入し,フローの転送時間に着目してネットワークの負荷を チャネル毎に均等に平滑化する手法が提案された.この手法では負荷を平滑化することで,フローの 送信レートが上昇し,チャネルのネットワーク容量を超過した際に発生するパケットロスを最大限回 避することを目指している.しかし先行研究では,メッシュネットワークを構成する全ての中継 AP 同士が相互に電波到達範囲内に存在する環境を想定していたため,広範囲でのデータ転送を考慮でき ていなかった.これに対し一般的にメッシュネットワークを広域展開するには AP 同士を離して設置 するため,AP の電波の到達範囲が一部の隣接 AP に限定され,隠れ端末が必然的に発生する.そこ で本研究では,メッシュネットワークの広域展開の際に発生する隠れ端末問題を回避し,ネットワー クの負荷を均等に平滑化する手法の拡張を行った.この手法を実環境で評価し,提案手法が隠れ端末 を考慮してネットワークの負荷を平滑化し,複数チャネルを有効利用出来ることを明らかにした.
 
キーワード
  of, mhwn, netcon
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.