大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


稠密無線LAN環境でのAirtime Fairnessを実現する分散協調型AP選択手法
著者
  山田晋也
 
雑誌名/会議名
  2017 年 2 月
 
アブストラクト
  近年,公共施設での無線LANアクセスポイント(AP)の設置の一般化や、移動端末(STA)への無線LANインターフェース搭載の標準化により,あるエリアに多数のAPとSTAが密集して配置される稠密無線LAN環境が登場している. この稠密無線LAN環境では,各STAの通信時のエアタイムの差異によるPerformance Anomaly問題やチャネル競合による送信待機,隠れ端末問題によるフレームロスにより通信性能が劣化する.しかし通常STAは,隣接する複数のAPから受信するビーコンのうち受信信号強度が最も大きなAPに接続するため,上記の問題を考慮することができず,接続後の通信性能は保証されない.そこで本研究では,PA問題を回避するためにチャネル選択行った上で,CSMA/CAによる通信待機時間や隠れ端末によるフレームロスを考慮した予測スループットを計算し適切なAP選択を行う手法を提案する. 提案手法の有効性をシミュレーションにより調査し,各STAが利用できる無線資源を公平なものにし,エリア内の各STAのスループットの平滑化,及び平均スループットを向上することができること明らかにした.
 
キーワード
 
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.