大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


大規模ネットワークにおけるdifferentiated serviceの性能評価に関する研究(概要)
著者
  久原 真一
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科,卒業論文 1999 年 2 月
 
アブストラクト
  現在のインターネットでは、パケットの転送に関する品質保証のない最善努力 型(best effort)サービスの利用が大部分を占めている。一方、通信コストを 支払う利用者は、負担コストに見合う通信サービスの提供を望んでいる。 このため、利用者が支払う通信コストに応じて通信品質の異なるサービスを提 供すべきだと考えられ、「クラス別サービス」differentiated service (DIFF-SERV) が注目されている。このクラス別サービスを実現するための方式 としてRED with In/Out bit (RIO)を用いた``Expected capacity’’と呼ばれる 技術が提案された。この技術を用いることにより、非実時間(non-real-time) 通信サービスとして幅広く利用されている TCP(Transmission Control Protocol) の通信ネットワークにおいて複数の通信品質を提供できる。現在、 Expected capacity 技術をTCP通信に適応することで、大規模ネットワークサービスにお いて、クラス別サービスの実現が期待されている。 本研究では、大規模ネットワークにおけるクラス別サービスの性能評価が必要 であると考え、大規模ネットワークモデルにおいてその性能をシミュレーショ ン実験によって評価する。ここでは、より現実に近いネットワークモデルとす るため、TCPコネクションのパスの中で、一番得られる帯域が少ないリンクで あるボトルネックリンクが動的に変化することを考慮にいれる。
 
キーワード
  Diffserv
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.