大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


IP網における実時間通信のための品質予測方式
著者
  堀 良彰,川原 憲治,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  信学技報,IN98-51. 1998 年 7 月
 
アブストラクト
  インターネットにおいて,実時間トラヒックの伝送品質を保証するための機構はRSVPをはじめとし て,さまざまなものが提案されている.しかしながら,一般に広域ネットワークにおいて品質をするた めには送信者から受信者までのすべての経路に品質保証の機構が必要となり,厳密に行うことは困難で ある.一方,帯域確保を行わず,UDPとTCPが同じキューで処理される場合は,UDPトラヒック の性能はTCPトラヒックの影響を受けるため,その品質は低下する.本研究においては,UDPとT CPのトラヒックの性質が異なることに着目し,ボトルネックとなるルータにおいて,それぞれのトラ ヒックを独立したキューで処理する場合の性能に関して調べる.シミュレーション実験を行い,UDP トラヒックの品質に関して評価を行う.
 
キーワード
  Diffserv, , , , , , , , , ,
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.