大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


Static-Priority Scheduling におけるCBRトラヒックの遅延特性:単一ノード複数レート複数サービスの場合
著者
  飯田 勝吉,滝根 哲哉,砂原 秀樹,尾家 祐二
 
雑誌名/会議名
  信学技報, IN97-112 1997 年 9 月
 
アブストラクト
  非実時間通信のUBRパケットと実時間通信のCBRコネクションからのパケットが一つの 回線を共有する環境において, CBRの遅延時間を解析した. ここでは, UBRパケットに 対しCBRパケットには高いプライオリティを与えるものとする. 我々の解析は, 伝送レ ートおよびパケットサイズに関し2種類の異なったCBRパケットが共存する場合を取り 扱うことができる. 本論文では, 様々な数値結果から99.9パーセンタイル遅延と 決定的遅延限界を比較し, CBRパケットが遅れて到着することによるロスをある程度 許容できるならば, ネットワーク資源を有効に利用できることを示す. さらに, 同一 レート同一サービス時間のCBRソースにおける解析を用いて, 2種類のCBRソースが 供存する場合での遅延時間分布をどのように近似できるかをも調査する.
 
キーワード
  , QoS routing, , , , , , , , ,
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.