大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


学科内ネットワークにおけるトラヒック統計量QoS制御の有効性に関する研究(概要)
著者
  鷲谷 公憲
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科、卒業論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  現在、電子情報工学科のネットワークは、ルーティング機能を有するレイヤ 3 スイッチ(メインスイッチ)に各研究室のIPセグメント分割(VLAN)が可能なレイヤ 2 スイッチ(サブスイッチ)を接続した形態を採用している。一般的なレイヤ 3 スイッチは各送受信IPアドレスペア(IPフロー)を識別して、転送の優先制御を行う機能を有するが、メインスイッチであるケーブルトロン社製、Smart Switch Router 2000(SSR2000)ではさらに、レイヤ 4 スイッチング技術が実装されている。 レイヤ 4 スイッチング においては、IPフローの識別に加えて、送受信ポート番号の識別を行い、アプリケーション毎の転送制御ができるようになっている。この技術により、トラヒックのサービス品質({¥bf Quality of Service、QoS})に応じた転送制御、すなわち、QoS制御が可能となる。 本研究では、まず、現状のメインスイッチにおけるトラヒック量を計測して、アプリケーション単位の統計量を調査する。次に、メインスイッチにおいてトラヒック転送実験を行い、設定可能な優先転送方式の効果について検証を行う。以上のトラヒック統計量調査、検証実験をもとに、学科内ネットワークにおいて、将来的に行う具体的なQoS制御方式の検討・考察を行う。
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.