大学サイト   学部サイト   学科サイト   EnglishPages
 
旧尾家・塚本研究室です.尾家祐二 現・九州工業大学学長の情報は こちら.
   
研究業績


QoSルーティングにおけるフロー集約方式に関する研究
著者
  中嶋 卓也
 
雑誌名/会議名
  九州工業大学 情報工学部 電子情報工学科, 卒業論文 2000 年 2 月
 
アブストラクト
  現在ネットワークにおいて、利用者が要求する通信サービス品質(QoS: Quality of Service)を満足するための品質制御機構やQoSを考慮した経路制御 が不可欠である。このような経路制御機構としてサーバ型経路制御がある。サー バ型経路制御ではサーバがネットワーク全体の経路制御を行なうため、経路情 報をノード間でやりとりする必要はなく、実現が容易であると考えられている。 しかしサーバがネットワーク全ての経路制御を行なうため、ネットワーク規模 が大きくなり、トラヒック量が増加するとサーバにかかる負荷は増大すると考 えられる。 サーバへの負荷を軽減するための手法として、フロー集約を提案する。フロー 集約とは、フローの要求に対して数倍の帯域をもつ経路を作成し、次にこの経 路を利用できるフローが発生すると、この経路を利用することでサーバへの負 荷を軽減する手法である。 本研究ではダイクストラアルゴリズムと経路制御サーバを用いて、フロー集約 を行なうことにより、サーバにおける経路計算回数、呼損率について検討し、 シミュレーションによって性能評価を行なった。その結果、フローを集約する ことで呼損率が高くなる。しかしアルゴリズムの計算回数は大幅に減らすこと が出来た。
 
キーワード
  QoS routing
 
記述言語
  Japanese
 
 

web_admin [ at ] infonet.cse.kyutech.ac.jp /  Copyright (c) 2016 Oie & Tsukamoto Laboratory, All Right Reserved.